2019年度 少年少女国連大使

【中学生の部】

地区 ブロック 推薦LOM 氏名
北海道 北海道 札幌 依田 優士
東北 秋田 大曲 久米川 華隠
東北 山形 酒田 菅原 光貴
東北 宮城 仙台 藤澤 佐保姫
関東 埼玉 朝霞 國井 結月花
関東 埼玉 川越 島村 仙
関東 埼玉 とだわらび 齋藤 貴啓
関東 東京 三鷹 西澤 緋奈子
関東 神奈川 茅ヶ崎 金丸 泰山
関東 神奈川 伊勢原 加藤 陽菜
東海 愛知 海部津島 佐藤 由果
近畿 京都 京都 田中 宇宙
近畿 大阪 枚方 林  陽菜
四国 徳島 吉野川 妹尾 ひかり
九州 福岡 北九州 野村 晃一朗

 

 

【高校生の部】

地区 ブロック 推薦LOM 氏名
北海道 北海道 札幌 山本 雪乃
北海道 北海道 函館 船越 楓華
関東 茨城 下館 市村 千華
関東 東京 東京 平島 ひなた
関東 東京 八王子 黒部 睦
関東 栃木 宇都宮 村上 あかり
東海 岐阜 岐阜 小澤 伸也
東海 静岡 静岡 井上 紗彩
北陸信越 新潟 新潟 田中 裕二郎
近畿 兵庫 芦屋 和田 香里
近畿 兵庫 西宮 小林 遥子
中国 鳥取 鳥取 網田 かのこ
中国 広島 岩本 裕紀
四国 徳島 徳島 大町 杏
九州 鹿児島 鹿児島 野崎 ひめり

 

 

少年少女国連大使とは

全国から募集した日本国籍である中学1年生~高校3年生の男女から選抜された少年少女国連大使は、スイス ジュネーブ国連欧州本部、スウェーデンなどで研修を行います。当事業は、子供たちが国際社会の抱える課題と、日本と世界の違いを理解し、海外での交流を通して次世代の民間外交を勧めていく担い手として成長することを目指しています。

また、少年少女国連大使として参加した子供たちは、地域での国際協力の意識を喚起し、各地域での国際協力活動を推進しています。
その解決目標(UN SDGs)を知り、海外での実体験を通して理解を深め、帰国後は地域での啓蒙活動を行うことによって国際協力のリーダーとして成長することを目指しています。
さらに本事業では、次世代を担う子供たちが国連の掲げる世界平和と、持続可能な開発目標(UN SDGs)を事前研修会から国連研修までの各モジュールを通じて学び、将来国際社会を担う人材へと成長するべく各地において啓蒙活動をいたします。

 

 

全体スケジュール


募集期間 3/10(日)~ 5/31(金)
選考会 6/01(土)~ 6/04(火)
大使選考結果通知 6/05(火)~ 6/07(金)
事前説明会 6/23(日)
事前研修会・結団式 7/27(土)
第1ステージ
スイス(ジュネーブ)研修
7/28(日)~ 8/01(木)
第2ステージ
スウェーデン(マルメ)研修
8/01(木)~ 8/04(日)
解団式 8/05(月)
帰国後の啓蒙活動 8/06(火) ~ 10/31(水)

 

募集要項


募集対象者  中学1年生~高校3年生 
募集人数 30名
参加費 270,000円
参考資料 チラシ

■参加費について
・羽田空港までの交通費、及び宿泊代は参加者の自己負担になります。
・本事業終了後、事後活動を行う際に発生する費用は自己負担になります。

■応募資格

・日本国籍である中学1年生~高校3年生が対象(2019年4月1日 現在)
・団体行動における規律を守ることができる方。
・第1ステージ、第2ステージの全日程に参加でき、応募用紙・同意書に署名できる方。
・日本国パスポートを取得している方(有効期限が出発より半年以上残っているもしくは、事前研修会の前に取得可能な方も可能)
・アレルギーや疾病を持っている方は事前に必ず申告してください。研修に支障が出る可能性があると判断した場合はお断りさせていただくこともございます。
・事業後に参加者自身の通う学校において、啓蒙活動(報告会)を実施できる方。
・本事業にて各大使が構想したSDGs推進のためのアクションプランを帰国後にそれぞれの地域で実行できる方。
・当委員会が開催する『異能ベーター発掘プロジェクト』にエントリーされた方は本事業には応募できません。

 

■選考
結果通知:推薦した各地青年会議所から合否のご連絡をいたします。

 

 

申し込み方法


下記ページより申し込み方法についてご説明いたします。各地青年会議所様もご確認ください。

申し込み方法について

 

 

連絡先


ご意見、ご不明点がありましたら以下の窓口にご連絡ください。

副委員長  石川 将輝  TEL: 080-3495-3047 
      Mail: masaki@is-eco.com 
  千田 明寛 TEL: 090-7406-4730
      Mail: remoni1718@gmail.com 

主催:公益社団法人日本青年会議所 後援:外務省

持続可能な開発目標カラーホイールを含むSDGsロゴと17のアイコンの使用ガイドライン